« スマートフォンも3D | トップページ | 自宅サーバメンテナンス »

2010年8月13日 (金)

テレビ

Face55wotoyaおとやです。

カトゥン先輩ゴメンナサイ。書きます。
今回はブログネタいってみようと思います。

ブログネタ:
初任給にまつわる思い出を語ってください!参加数拍手

自分の部屋のテレビ、これ初任給をはたいて買ったものなんですよね。
詳細を書くと年齢がばれてしまいそうな事に今気づきましたが、まあ気にしない。

どんなのかというと、もちろん最近当たり前になった薄型ではなくブラウン管。
でもブラウン管でも末期のもので、ハイビジョン対応しているんです。
BSデジタル放送が始まったころだったか、ハイビジョンテレビがちょこちょこ出てき始めた頃でした。
その中にあって、「ハイビジョンテレビ」ではなく「プログレッシブテレビ」と呼ばれていたもの。
あの頃一時的にだけ存在した呼び名ですが、これはハイビジョン規格の750p(progressive)が表示できるテレビ(実際にはprogressive表示ではない製品が多いという話も当時はよくネタになりました)、ってことなのですが、簡単には「画面はハイビジョン対応だけどハイビジョンチューナーは内蔵してない」ものを指すことが多かったように思います。
ハイビジョンチューナーが高価だった当事ならではのカテゴリーでしたね。

ハイビジョンテレビには手が届かなかったものの、フンパツしてこの「プログレッシブ」にしたおかげで、現在外付けチューナーやレコーダーでハイビジョン映像を楽しめています(もちろんフルHDとかじゃないわけですが)。
いまだに表示速度の面などではブラウン管に利もあります。

でも最近薄型のテレビがすっかり安くなってきて、手に入りやすくなってますよね。
今のテレビはまだがんばって動いてくれていて、愛着もあるんですが、やっぱり薄くて高精細な最新のTVには惹かれます。
いつ買い換えることになるかなー

NSTS@オンライン / Panasonic 32V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ

« スマートフォンも3D | トップページ | 自宅サーバメンテナンス »