« バイクにて | トップページ | 携帯機種変 »

2010年10月 6日 (水)

自転車ばなし

Face55wotoyaおとやです。

ついに世間の猛暑も去った感じで、バイク(バイシクル)に最適な季節がやってきました。
最近は天気も崩れ気味でしたが、なんとか休日だけでも秋晴れになってほしいところ。

突然ですが自分の趣味のひとつは「自転車」です。
最近静かなブームが広がりつつあるようで、街中でもスポーツ自転車をよく見かけるようになりました。

しかし一口に自転車と言っても、趣味としてやるスポーツ自転車には色々種類があるのです。今回はそんな話題。bicycledash
※ちなみに最近の自分は「マウンテンバイク」の「ちょっと下り系downwardright」です。

まず大きく分けると「オンロード」と「オフロード」に分けられるでしょうか。
あと最近は通勤用や入門用に紹介される、この2つの間を取ったようなジャンルも存在します。

まずオンロード。
近年日本人選手の活躍もニュースになる「ツール・ド・フランス」が有名な「ロードレース」用の自転車「ロードレーサー」が代表格。
そしてケイリンなどトラックレース用の自転車。街のストリートで人気の「ピストバイク」もこの種になります。

オフロードは、一昔前に日本でもブームとなった「マウンテンバイク(MTB)」が代表的なジャンルです。
ただMTBはとてもジャンルが枝分かれしていて、様々な用途カタチがあります。
ひたすら山を下ることに特化した「ダウンヒル」や、上りを含めた高速レース「クロスカントリー」。
他には専用ダートコースで跳ぶ「ダートジャンプ」、4人で競う格闘的なレース「フォークロス」・・・
これらはモトクロスの自転車版「BMX」とコースを共用される事が多いです。
ちなみに「BMX」は"レース"のほかに、アクロバット的な技を競う"フリースタイル"もよく認知されていますね。

通勤用や入門用によく紹介されるのは「クロスバイク」です。
明確な定義は無いみたいですが、ロードレーサーとMTBの間をとったジャンルと言われてます。

などなど・・・ まだ他にも色々。
生まれてこのかた基本構造は殆ど変わってないというのに、これだけ枝分かれていて、それぞれに特徴が明確に違い、今もなおそれぞれ進化し続けている自転車は知るほどに奥深いです。shinebicycleshine
興味のあるかたは色んな車種やその歴史を調べてみると面白いですよsign03

« バイクにて | トップページ | 携帯機種変 »