« 防水デジカメ | トップページ | 目は大切に »

2011年5月27日 (金)

梅雨がやって来ました

Face55katunカトゥンです。

ついに梅雨が来ました。
さようならバイクシーズン。 また4ヶ月後に会おう。
何故4ヶ月後かって?

6月・・・梅雨rain
7月・・・さぁ、暑くなってきたsun
8月・・・暑さ絶好調!sun
9月・・・余熱冷めやらずsun

10月・・・涼しくなってシーズン到来!good

ちなみに11月後半には寒くなってくるので、そこでバイクシーズンは終わります。
バイクシーズン短ッ!

梅雨が上がればバイクシーズンじゃないの?って思う人もいるようです。
真夏に鈴鹿で8耐とかもやってるので。

しかし、夏場はバイクなんて乗ってられません。
特に大きいバイクだと暑くて熱くて死にそうになります。

真夏にバイク乗ってると信号待ちの時トラックの運ちゃんあたりから「涼しそうやな!」とか言われますが、とんでもない。
炎天下のバイクなんて、股の下に火鉢担いでハロゲンヒーターの前に座ってるようなもんですよ。

話がそれた。

梅雨が来ちゃったので雨が降ります。
これはコーラを飲んだらゲップが出るくらい確実です。
しかし、雨が振ってもバイクや自転車で表に出かけなきゃいけないことってありますね。
その時に役に立つのが「カッパ」。

このブログを見ている人で何人がバイクに乗っているのかわかりませんが、バイク用のカッパはなるべく良いものを買いましょう。
良いカッパが一着あれば、雨の世界が変わります。
バイク用品店では定価2万オーバーのカッパが売ってたりするんで、そう言うのをバーゲンセールなどを利用して安く購入しておくと、すごく役に立ちます。

カッパなんて雨さえ防げればいいじゃないか、なんて思うかもしれませんが、雨を防ぐのはカッパに求められる機能の約半分。
残りの半分はというと、これが蒸れないこと。
安いカッパだと、雨は防いでもとにかく蒸れるんですよ。
雨でベタベタのカッパを脱いだら、その下は汗でベタベタだった・・・とか、なかなか笑えない。
カッパは良いものを買いましょう。

« 防水デジカメ | トップページ | 目は大切に »