« ミニフリスクケース | トップページ | わくわく動物ランド »

2011年6月25日 (土)

TeachText

Face55whori

塀!です

まだまだ6月だというのに、節電しなくてはいけないのに、
暑がりの寒がりな人なのに、今夏を乗り切る自信がありません。
そんな中うれしいニュースが。今月、長きにわたり更新が止まっていた
コラムが再開されました!

批判するつもりはないのですが、Macintoshの月刊誌はiP{o,a}dやiPhoneの
ハウツーやサードパーティのソフトウェア紹介ばかり。
Apple Computer(当時)が創業当時から大事にしていた哲学(のようなもの)を
語ってくれる雑誌が廃刊してしまい、寂しい気持ちの方はいらっしゃいませんか?
しかし、このコラムは今のMac OSやiOSに継承されているであろう死語も登場するので、
懐かしいなと思ったり、勉強になったり。

さて、閑話休題。アプリケーションの名前は、その仕事に関連した名前が
ついているものです。Windowsのテキスト編集ソフトに「メモ帳」がありますが、
Mac OS Xには「テキストエディット」があります。機能的には、

「メモ帳」+「ワードパッド」=「テキストエディット」

といったところでしょうか。Classicと総称するMac OS 9以前のOSには、
発売時期によって「TeachText」、「SimpleText」が入っています。
この両者は同一バージョンに共存しません(共存させることはできます)が、
違いとしては

TeachText=メモ帳
SimpleText=ワードパッド

ととらえていただければよろしいかと思います。ところで、このTeachTextという
アプリケーション名のネーミング。どういう意図なのか、よくわかりません。
ご存知の方はいらっしゃいませんか?

« ミニフリスクケース | トップページ | わくわく動物ランド »